空家バンクプロジェクトの紹介


 

 

空家バンクプロジェクト

in:雑賀崎(和歌山県和歌山市)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

代表者

宮下啓司

(プロジェクトの専務理事を務める一級建築士)

 →blog☆http://wakaurabojyo.ikora.tv/

→トンガの鼻自然クラブ☆ http://www.jtw.zaq.ne.jp/cfbmg608/newpage1.htm

 

目的

次世代に継承できる 豊かな地域おこし

 

内容

定住を希望する人、または出店を希望する人などに

数万円~といった破格で空家の斡旋を行う。

 

  経緯


かつて、雑賀崎・田野区は新婚旅行の人気スポットの地として

大変栄え、観光客が年間350万人も訪れていました。

これは、1日1万にもの人が訪れていたことになります。

 

しかし、交通網が発達したことにより

多くの観光客は白浜などのリゾート地に向かうようになり

雑賀崎は衰退の道を歩んでいきました。

今では、雑賀崎・田野区は約100軒もの空家があります。

 

こうした空家を活かそうと7年前立ち上がったのが

空家バンクプロジェクトのリーダーを務める

一級建築士の宮下啓司さんです。

 

宮下さんは、空家の持ち主に直接交渉して

空家のバンクへの登録を進めています。

 

そして、この地でのコミュニティーを誰よりも多く持つ、

雑賀崎の出身である宮下さんが

直接案内し、相談役を担うことで、移住希望者の地域の定着を

スムーズにしています。

現在10組程の移住者が雑賀崎で実際に暮らし始めています。

 

活動

2010年4月 和歌の浦再生プロジェクト発足(保井彰友代表)

2010年8月 空家バンクプロジェクトstart!!

2011年3月 東日本大震災の被災者の受け入れ開始

2011年6月 景観支障防止条例可決

2011年8月 和歌山県地域支え合い体制事業の可決

2011年9月 和歌山県地域支え合い体制事業の開始予定

 

 


 (c) yuka